ラフから脱出するコツって、あるのでしょうか? ボールがラフにはまってしまったら、まずは、冷静に状況を確認してください。 草の長さや芝目の向き、傾斜、フェアウェイからどのくらいの距離なのかなど、細部にわたってよく観察する必要があるのです。 状況を正確に把握した上で、その状況に合わせた打ち方をするのが、ラフから脱出するコツになります。 つまり、こうすれば、どんなラフからでも確実に脱出できるという万能策はありません 例えば、ボールの半分くらいの長さの草にはまっている場合には、特にラフだと意識せず、フェアウェイと同じ感覚で打ってしまっていいでしょう。 でも、ボールが完全に隠れてしまうような深さのラフにはまり込んでしまったら、SWなどを使ってとにかくラフから出すことを目指します。 シャフトが短めのクラブを使う、グリップを短めに握るなどして、確実にボールを捉えて振り抜くことが大切です。 ラフだからといって力任せに打とうとすれば、脱出に失敗するどころか、さらなる大惨事にも繋がりかねません。 力まずにリラックスして、次のショットが打ちやすいところに出すことに専念しましょう。